http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険コラム > がん保険を疑え!がん保険は将来値上がりして払えなくなる?
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


がん保険を疑え!がん保険は将来値上がりして払えなくなる?

 日本人の2人に1人は生涯で1度はがんになり、3人に1人はがんで死亡すると言われています。がん治療は高額になるケースが多いので、がん保険には加入しておいたほうがいいとは思います。ただ、がん保険の内容をちゃんと知っておかなければ、いざという時に使えなかったり、年齢の上昇とともに保険料も上がり、保険料が払えなくなってしまうことも考えられます。

そもそもがん治療はいくら位かかるものなの?

 保険会社のパンフレットなどを見ると、がん治療は平均で90万円台だと書いてあります。ただし、3割負担前の治療費なので、実際には20万円台となる事が多いでしょう。しかも、ココから高額医療費制度を利用したら、自己負担が10万円もかからないケースも出てきます。

 「なんだ、がん治療もそれほどお金がかからないじゃないか」と思う方もいますが、実際にそれほどかかりません。ただ、先進医療と抗がん剤治療にはお金がかなりかかります。がん治療の先進医療でも高額な重粒子線治療や陽子線治療は300万円近くかかると言われています。しかも全て自己負担となります。ただ、実際に行われているケースはかなり少ないです。がん保険の先進医療特約も、月額100円未満のものが多い事からも予想がつきますよね。

 がんの入院日数は、昔に比べるとかなり短くなってきています。医療技術の進歩もありますが、診療報酬制度が変わり、早く退院させたほうが病院が儲かる仕組みに変わったからですね。そして今は通院による抗がん剤治療がメインになっています。この抗がん剤が高額で、自己負担で毎月10万円程度かかります。毎月10万円が長期的になったら、家計の負担は大きいですよね。

理想は抗がん剤も保障してくれるがん保険を選びたい。でも・・・

 がん治療で実際に家計の負担になるのは、先進医療と抗がん剤治療です。先進医療は利用する確立も低く、先進医療特約の保険料もそれほど高額ではないので問題視していません。問題は抗がん剤治療です。私の知る限り、現在のがん保険で抗がん剤治療の保障のあるがん保険は、保険期間が10年です。これは将来的に抗がん剤がどの位使われ、どの位の金額になるか予想できない為の逃げ道であるとも言えます。

 主契約(診断給付金や入院日額)が終身であっても、抗がん剤特約などが10年自動更新となっています。消費者は終身のがん保険に加入したと思っていても、10年後に自動的に抗がん剤特約が更新され、保険料が上がる可能性が極めて高いのです。60歳や70歳になった時、はたして保険料はいくらになっているでしょうか?保険料が払えず、保険を解約してしまえば、保険はなくなり、それまで支払った保険料はムダになります。

 基本的に私は抗がん剤治療が保障されているがん保険を支持していますが、将来的保険料がいくらになるかわからない不安はあります。もし将来保険料が払えないリスクを考えるのであれば、一生保険料が変わらないがん保険にちょっと保障を厚めに加入し、診断給付金などを抗がん剤治療などに充てるなどを考えればよろしいかと思います。



がん保険 おすすめ&ちょっと待った!
加入してもいいがん保険、加入をおすすめできないがん保険。

医療保険とがん保険、どちらが大切か?
予算的に医療保険かがん保険どちらかにしか加入できないとしたら・・・

上皮内新生物(上皮内がん)とは?
がん保険を選ぶポイント?上皮内新生物とは?

生命保険商品別評価
生命保険商品を商品別に評価しています。