http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険コラム > 共済vs生命保険
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


共済vs生命保険


民間の生命保険が契約数が伸び悩んでいる中、共済が加入者数を伸ばしている。手ごろな掛け金と、決算ごとに割戻金として加入者に還元している事が、さらに割安感を増させている。

保障は必要だけど保険料は抑えたい。そんなニーズをとらえ、加入者を伸ばしている共済ですが、共済にはデメリットはないのでしょうか?ざっくりと共済のデメリットをまとめてみました。

1)保障金額に上限がある
一家の大黒柱の保障としては手薄感は否めない。

2)60歳以降の保障が薄くなる
高齢になればなるだけ病気のリスクは高くなるが、共済は60歳以降の保障が薄くなる。

3)若い人は損?
20代も50代も掛け金は一緒。病気リスクは50代の方が高いのに掛け金が一緒という事は、若い人は損しているとも言える。

4)セーフティーネットがない
破たんリスクは極めて低いが、共済団体が破たんした場合に公的な保護はない。


ざっくりと言えば、こんなところでしょうか。

個人的に一番のデメリットは、60歳以降の保障が薄くなる点でしょうか。年齢を重ねれば重ねるほど、病気のリスクは高くなります。保障が必要な時に必要な保障が受けられないのは厳しいですよね。

トータル的に考えてみると、やはり必要な保障は民間の生命保険をベースに考えて、足りないところや保障を厚くしたいところを共済で補うのが良いのではないかと個人的には思います。

若い人が節約目的で共済中心に保障を組み立ててしまうと、後々苦労するのではないか・・・と、個人的には思うんですよね。

ここまで読むと、共済の否定のようにも感じられるかも知れませんが、そんなことはありません。共済は共済で魅力はたくさんあるし、要するに使い分けだと思います。「保険があるから共済は必要ない」とか、「共済で充分なので保険は必要ない」とか、そうゆう事ではないですよね。

「欲しい保障」と「支払える金額」のバランスですから、それぞれの良さを組み合わせて、ご自分の保障を考えたらいいと思います。



保険会社の損する保険
保険会社の損する保険=契約者が得をする?

大手生保の主力商品、アカウント型保険が大不評な理由
日系の大手生命保険会社のアカウント型保険、加入していませんか?

告知義務違反をして生命保険に加入しても大丈夫ですよね?
最近入院しました。どうにか生命保険に加入したいのですが・・・。

年利9%?個人年金保険料控除で得をする
個人年金保険は支払い保険料以上に受け取れますが、それ以外にもメリットが!