http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険商品別評価 > 長割り終身(東京海上日動あんしん生命)
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


長割り終身(東京海上日動あんしん生命)を徹底評価


東京海上日動あんしん生命の終身保険、長割り終身は、「低解約型終身保険」と呼ばれる終身保険です。一般的な終身保険より割安な保険料設定になっていますが、その理由は、払い込み期間中に解約すると元本を大きく割り込む事が条件になっています。

例えば60歳払い済みであれば、60歳より前に解約してしまうと元本を大きく割り込み、60歳以降で解約したら元本を超えてきます。

払い込み期間に解約すると元本を割り込みますから、途中解約をしない前提で加入するならお得な保険と言えるでしょう。ただ、一定割合で途中解約する人がいるから低解約終身保険が成り立っているのも事実です。お金がある人であれば、前期前納なども視野に入れるといいでしょう。

保険料払い込み期間を1年刻み、1歳刻みで設定できるので、10年払い済みなどの短期間払い済み設定をしたら学資保険変わりに使うこともできます。

部分解約などを利用したら年金代わりにも使えます。使い勝手が非常にいい保険ではあります。

下の月額保険料の例の場合、総支払額が3,196,800円です。約320万円払って、500万円貰えるのであれば、葬儀代と考えれば悪くありません。

デメリットを挙げるとしたら、途中解約で元本を割り込む事と、インフレには対応出来ない事でしょうか。これから物価上昇すると思うのであれば、変額保険の方が無難かも知れません。

保険料が割安で、払い込み期間を超えた後の解約返戻金の戻り率が高いのでオススメの保険ではありますが、最後まで払いきる覚悟は必要です。払える余裕のある保険料内で加入したいところです。

月額保険料の例
30歳男性、死亡保険金500万円、60歳払い済み。
月額保険料:8,880円



バリアブルライフ 徹底評価
ソニー生命のバリアブルライフを徹底評価します。

WAYS 徹底評価
アフラックのWAYSを徹底評価します。

三大疾病保障プラン 徹底評価
アフラックの三大疾病保障プランを徹底評価します。

独身ですが生命保険は必要ないですよね?
生命保険は誰のために加入するのでしょうか?