http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険商品別評価 > ライフアカウントL.A.(明治安田生命)
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


ライフアカウントL.A.(明治安田生命)を徹底評価

 正直、メリットはほとんど感じられず、デメリットを挙げたらキリがないかなと思います。

 ライフアカウントL.A.は、明治安田生命の主力商品で「アカウント型」と呼ばれる保険です。アカウントとは積み立てのようなもので、積み立て部分で更新時に終身保険が買えたりするのですが、この部分が主契約らしいです。この時点で???と感じる人も多いのではないでしょうか。

 何回かこの商品の証券を見せてもらったことがありますが、アカウント部分が200円未満のものがほとんどでした。毎月200円の積み立てが主契約って、何か違和感を覚えます。アカウント部分は万が一の時に死亡保障に上乗せされるのですが、アカウント部分×1.1です。月200円だとしても1年で2400円しか貯まりません。10年後で24000円です。この時保険金が降りたとして、26400円です。微妙じゃないですか。

 また、アカウント部分で終身保険を買えるみたいですが、仮に月200円のアカウントだとしたら10年後の更新時期に24000円貯まります。24000円で終身保険を買ったとして、いったいいくらの保障になるのでしょうか?アカウントに関しては悪い冗談程度にしか感じません。

 特約で「医療費リンク」というものがあります。通常の医療保険や医療特約は「入院日額10000円」のように、あらかじめ保険金額が決まっていますが、医療費リンクの場合は実際にかかる医療費が保険金になるという仕組みです。医療費が多額になる心配真理に付け込んだ、非常に良い保険商品だと思います。実際に売れているようですし。ところが公的保障に高額医療制度があるので、実際に医療費が高額になるケースは大変稀です。その割には保険料が高いのでコスパを考えれば非常に悪いです。まぁ「保険は安心を買うもの」と考えるのであればいいのかも知れませんが。

 また、当然のように更新型の保険です。更新時には保険料が上がりますので、保険料が払えないのであれば保障を下げなければなりません。更新ごとにそのようなストレスにさらされる事を考えれば、はじめから加入しないほうがいいとも思えます。

 このようなセット販売的な保険は保険料が割高で使い勝手も悪くメリットを全くと言ってもいいほど感じません。加入はオススメできませんし、すでに加入しているのであれば見直しを強くオススメします。

月額保険料の例
30歳男性、死亡保険金:終身保険300万円 定期保険2000万円 その他特約多数(10年更新)
月額保険料:14,945円



Wステージ 未来デザイン(住友生命)
住友生命のWステージ 未来デザインを徹底評価します。

順風ライフ 徹底評価
第一生命の順風ライフを徹底評価します。

大手生保の主力商品、アカウント型保険が大不評な理由
わかりにくい、更新で保険料UP、その他もろもろ?

全国来店型保険ショップ検索
あなたの近所にもあるかも?複数保険会社取り扱い保険ショップ。