http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険商品別評価 > じぶんへの保険プラス(ライフネット生命)
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


じぶんへの保険プラス(ライフネット生命)を徹底評価


保険の種類 医療保険
加入可能年齢 18歳〜60歳
保障期間 10年定期(最長70歳まで自動更新)
入院日額 医療費の自己負担相当額
先進医療の通算限度額 他の保障含めて2000万円
保険料払い込み期間 10年
解約返戻金 なし
その他オススメポイント 保険金請求の際、医師の診断書が不要

10年定期の医療保険。がんに対する保障が厚い。ライフネット生命はシンプルが売りですが、この保険は若干わかりにくい作りとなっています。

第一印象としては、「定期のがん保険」といった感じですが、がんのみの保障ではありません。公的医療保険の対象となる医療費の自己負担分を保障してくれます。また、入院療養給付金の対象となる入院において、入院前30日間、退院後90日間に外来療養を受けた場合に、自己負担分の半額を保障してもらえます。

医療費の自己負担分を保障してもらえるのは心強いように思えますが、実際は高額医療制度があり、自己負担額は一般的サラリーマンであれば月8万円程度です。医療費を保障するものですから、差額ベット代や食費などは自己負担になります。

がんの保障は診断給付金が100万円。1年経過後にがん治療を受けた場合には、また100万円を受け取ることが出来ます。先進医療も保障されていて、全ての保障額を合計して2000万円が上限になります。

保障期間が10年の定期保険で、70歳まで自動更新されます。一見親切にも思えますが、60歳の場合9627円です。保険料が支払えずに解約すると、それ以降は保障がなくなりますし、70歳までの保障なので、結局保障はなくなります。

『若い時の定期保険』と割り切って加入するならいいかも知れませんが、一生付き合える保険ではありません。私なら加入しないでしょうね。

月額保険料の例
30歳男性、入院療養給付金(医療費の自己負担金)・外来療養給付金(医療費の自己負担金の半額)、がん診断給付金100万円、先進医療の技術料同額
月額保険料:1,499円



新EVER(アフラック)
アフラックの新EVERを徹底評価

じぶんへの保険(ライフネット生命)
ライフネット生命のじぶんへの保険を徹底評価

医療保険やがん保険は通院補償を付けないと使えないって本当?
これからは通院治療の時代です。入院保障だけでは・・・。

全国来店型保険ショップ検索
あなたの近所にもある?全国の来店型保険ショップ検索