http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険商品別評価 > がん保険Believe(オリックス生命)
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


がん保険Believe(オリックス生命)を徹底評価


保険の種類 がん保険
加入可能年齢 6歳〜75歳
保障期間 終身
診断給付金(初回のみ) 100万円
がん治療給付金(何度でも) 50万円
がん入院給付金 10,000円
がん手術給付金 20万円
がん退院一時金 10万円
その他オススメポイント 上皮内新生物でも減額されない
※基本給付金額1万円の場合

上記条件の月額保険料の例
30歳男性、60歳払い済み 特約なし
月額保険料:3,480円

保険料の安さと、保障の充実度で人気のオリックス生命のがん保険ビリーブ。診断給付金の他に治療給付金、手術給付金と一度にもらえる。仮にがん(肺がん)で10日入院、手術したとすると、トータルで190万円もらえる。

上記の例で言えば、60歳払い済みなので60歳までにはトータルで約125万円支払う。それを考えれば、一度のがんで支払い保険料を超えてしまうのでお得と言えるかも知れない。

ちなみに、2015年からは3人に2人が、一生涯のうちに一度は、がんにかかると言われています。それを考えると、オリックス生命の経営が心配になってしまう部分があります。

仮に3人の30歳男性が、がん保険に加入し、60歳まで払い続けたとします。

一人125万円なので、3人で375万円の保険料が入ります。

この3人のうち2人はがんになるので、仮に二人に190万円払ったとしたら、380万円です。

まぁ保険会社からしたら、保険料と給付金がトントンにでもなれば、運用を考えれば充分黒字にできるのでしょう。

デメリットを挙げるとしたら、通院治療に対する保障が弱い事です。特約で通院治療特約をつける事が出来ますが、通院治療日額のみを保障しています。

今の通院がん治療のメインは抗がん剤治療です。今のところ、自己負担額が月額10万円程度と言われています。これを保障されていないのは、心細いですね。診断給付金などを残しておく必要があります。

ただ、保険料の安さと保障のバランスはかなりいいです。保険料を安くして、それなりの保障を得たい人にはいいのかも知れません。



医療保険とがん保険、どちらが大切か?
どちらか片方に加入するとしたら、どちらに加入しますか?

がんベスト・ゴールド(富士生命)を徹底評価
富士生命のがんベスト・ゴールドを徹底評価します。

アクサの「治療保障」のがん保険(アクサ生命)を徹底評価
アクサ生命のアクサの{治療保障}のがん保険を徹底評価します。

生きるためのがん保険Days(アフラック)を徹底評価
アフラックの生きるためのがん保険Daysを徹底評価します。