http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険商品別評価 > がん治療支援保険(東京海上日動あんしん生命)
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


がん治療支援保険(東京海上日動あんしん生命)を徹底評価


保険の種類 がん保険
加入可能年齢 0歳〜75歳
保障期間 終身・10年
診断給付金
(2年に1度何度でも)
100万円
がん手術給付金 20万円
がん入院給付金 10,000円
がん通院給付金 10,000円
がん先進医療(特約) 実費・通算1000万円まで
抗がん剤治療(特約) 10万円(通算60ヶ月)
その他オススメポイント 上皮内新生物でも減額されない
診断給付金は2年に1度何度でも
※入院給付金10000円の場合

月額保険料の例
30歳男性、がんアドバンスパック、入院日額10,000円 
保険期間/保険料払い込み期間:終身
月額保険料:3,498円

東京海上日動あんしん生命のがん治療支援保険は、手厚い保障で人気のがん保険です。感じとしてはアフラックの生きるためのがん保険Daysと似ていますが、Daysより先に発売していることから、Daysががん治療支援保険に寄せた感じはあるでしょうか。

ただ、アフラックのDaysは診断給付金は1度きり(特約で追加あり)、上皮内新生物では診断給付金は10%ですが、がん治療支援保険は診断給付金が2年に1度何度でも、上皮内新生物でも減額されることはありません。当然ですが保険料は割高になります。

また、先進医療と抗がん剤治療は特約となり、10年更新になります。今後の保険料が確定していないので、場合によっては保険料がドカンと上がってしまうことも無くはありません。終身のがん保険なのに、将来的な保険料がわからない不安はあります。保険料が高くなってしまい、解約するなどといった事になると、今まで支払ってきた保険料が無駄になってしまいますから。

難癖つけるとしたら、がん診断給付金が2年に1度、何度でも受け取れるのは素晴らしいのですが、がんを再発した人は初回のがんから平均で1年半で亡くなっているということです。皮肉なことにがん診断給付金を2度以上受け取れる可能性は低いみたいです。「2年に1度」なのは、この辺りに理由があるのでしょう。

いろいろ難癖もつけましたが、保障の厚さは随一です。保険料が支払えるのであれば、オススメできる保険ではないでしょうか。



がん保険Believe(オリックス生命)を徹底評価
オリックス生命のがん保険Beleiveを徹底評価します。

アクサの「治療保障」のがん保険(アクサ生命)を徹底評価
アクサ生命のアクサの{治療保障}のがん保険を徹底評価します。

医療保険やがん保険は通院補償を付けないと使えないって本当?
これからは通院治療の時代です。入院保障だけでは・・・。

来店型保険ショップってどうなの?
最近増えてきた来店型保険ショップ。いった事ありますか?