http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険コラム > 生命保険はGNP!生命保険のGNPとは?
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


生命保険業界はGNP営業が重要といわれていました

 日本人は生命保険が好きな民族と言われています。世帯加入率は90%以上と言われていますから、かなりの確立で生命保険に加入しています。なぜここまで生命保険の加入率が高いかと言えば、GNPが絡んでいるからと言えるでしょう。GNPとは最近使われなくなった『国民総生産』の事ではもちろんなく、生命保険営業に必要な3つの要素の事を言います。GNPとは、

G=義理
N=人情
P=プレゼント

の事を言います。

 日本人は義理堅い民族と言われていますから、このあたりを保険営業の切り口に使おうというのがGNPの根底にあるようです。昼休みにアメとかを配って歩いている保険セールスを見たことありませんか?何度も何度もアメをもらっていると、義理が生まれるものです。そんな人から「保険の話、聞いてもらえませんか?」なんて言われたら、人情のある人だったら「話くらいなら・・・」って思ってしまうわけです。そこでニード喚起が始まります。

生命保険営業に欠かせないニード喚起

 ニード喚起とは、売る側が扱う商品の必要性を気付かせる事です。保険のセールスで言えば、「あなたに万が一の事があった場合、残された家族が大変な思いをします。だから生命保険が必要なんです」と、需要の掘り起こしを行う行為です。

 独身者であれば、自分から生命保険が必要で加入しようと考える人は少ないでしょう。生命保険を必要と思っていない人に、生命保険が必要かもしれないと思ってもらう事が生命保険のニード喚起です。生命保険セールスにとって、ニード喚起は非常に重要なのはわかりますよね。

 このGNP→ニード喚起の流れから、生命保険に加入してしまいます。大手生保は未だに「GNP営業」をしています。ひらがな生保やカタカナ生保と商品を比較してしまうと勝てませんから、GNPに頼るしかないのでしょう。特に男性は生命保険の話を聞いたり、保険料の比較などは面倒ですから嫌いな人が多いです。であれば、「義理のあるセールスから加入しておけばまぁいいか」となってしまうのです。

 本人がそれで良ければ別に問題はありません。ただ、いざ保険が必要となった時に慌てるのは残された家族でしょうし、生涯を通して支払う保険料もバカにはなりません。保険セールスにとってGNPで妥協してくれる人は「おいしい人」でしょうね。



大手生保の主力商品、アカウント型保険が大不評な理由
売れてます。売れていますが専門家は全員ダメと言います。その理由は?

独身ですが生命保険は必要ないですよね?
生命保険って、残された家族の為に加入するんですよね?

生保レディの裏話
生保レディーの裏話、知りたくないですか?

生命保険商品別評価
生命保険商品を商品別に評価しています。