http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険コラム > 独身ですが生命保険は必要ないですよね?
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


独身ですが生命保険は必要ないですよね?


先日、呑みの席に、友達の後輩が来ていました。いろんな話をして仲良くなって、仕事の話になった時に、『職場に来る保険のおばさんがウザい。独身なのに3000万円の生命保険を勧めてくる。独身には生命保険は必要ないですよね?』と聞かれました。その時に私が彼に話した内容は、みなさんに参考になると思いますので、ここで紹介したいと思います。

以前FP岩井は、親戚の付き合いで生命保険に加入していました。彼と同じように独身には生命保険は不要と考えていましたので、頃合いを見計らって解約しました。今現在FP岩井は独身ですが、生命保険には加入していません。医療保険とがん保険には加入していますけどね。

FP岩井は、基本的には独身であれば生命保険は必要ないと思っています。生命保険はそもそも、被保険者の収入に頼っている人の収入の保障という考えが一般的です。親や兄弟を扶養でもしていない限り、必要ないのではないかと思います。

『葬式費用の為に加入しておいた方がいい』という募集人もいますが、独身者であれば遺産は全て親のものになります。葬式代程度の預貯金があれば充分ではないでしょうか。

独身者は生命保険は必要ないと思っていますが、以下のような説明は加えています。

1)総支払額は早く始めたほうが安い
例えば『60歳払い済みの終身保険』に20歳で加入した場合と、30歳で加入した場合、20歳で加入した方がトータルの保険料は少なくなります。しかも20歳で加入した人は、当然20歳から保障が付きます。早く加入するという事は、保障期間が長くて保険料が安いことになります。

2)病気を患ったら保険に加入できない
生命保険に加入する時、告知が必要になります。持病の方は告知で加入を拒否される事も少なくありません。私の知り合いにも生命保険をずっと断っていて、やがて病気になり、その後結婚して子供が出来、今は生命保険に加入したいけど出来ないという人がいます。

余談ですが、保険は加入できる時に勧められると逃げたくなり、いざ加入したくなった時には加入できなかったり、割高な保険しか加入できなかったりもします。『後悔先に立たず』のようなケースも少なくありません。

3)高度障害の状態になった時でも保険金を受け取れる
寝たきりなどの高度障害状態になった時、高度障害保険金を受け取れます。この金額は死亡保険金と同額です。あなたが寝たきりになった時、家族の精神的、金銭的負担は大きいです。それに対して備えておくという考えも、あってもいいのかもしれませんね。


繰り返しになりますが、FP岩井は独身者には生命保険は必要ないと思っています。しかしそれをお客さんに押し付けるような事はしません。上の3つのようなリスクに備え、独身のうちから生命保険に加入する事は、選択肢としては全然アリではないでしょうか。



ネット生保の安さのカラクリ。本当に加入して大丈夫?
安いというウワサのネット生保。安くて心配という声も。

先進医療1000万円保障って、そんなにすごいの?
医療保険のテレビCMで、先進医療ってやたら聞きますけど・・・。

保険会社の損する保険
保険会社の損する保険=契約者が得をする?

生命保険のトラブル事例
知っておきたい生命保険のトラブル事例