http://sakurainfo.info

トップページ > 年齢・家族構成別、生命保険ケーススタディ > 30代ミズノさんファミリー
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

スポンサードリンク

30代ミズノさんファミリー

 会社員のミズノさんは35歳。奥さんも同い年で扶養の範囲内でパートをしている。お子様は5歳の女の子と3歳の男の子という家族構成です。ミズノさん(夫)は大手保険会社の生命保険に加入していますが、内容を理解せずに保険料だけ払っている事を疑問に思い、見直しを検討しています。

 サラリーマン世帯の大黒柱に何かあった時、欲しい保障といえば残された家族の生活費と、お子様の教育資金です。現在加入している保障を見ると終身保険が10万円、60歳までの定期保険が3000万円でした。その他に医療保障等があり、保険料は2万円程度。残された家族への生活費と教育資金を考えれば、3000万円あれば足りるとは思いますが、37歳で更新で、保険料が32000円になるとの事。

 話を聞くと、2年前にマイホームを建てたとの事。団体信用生命保険にも加入しているので、旦那さんに万が一の事があれば、以降の住宅ローンの支払が免除されます。サラリーマンなので遺族年金も支払われるので、生活費にはそれほどの保障はいらないとの結論に至りました。

 今の保険では60歳以降の死亡保障が10万円しか残らないことを告げ、清算資金の話をしてみた結果、旦那さんの終身保険も加入する事に。奥さんの分は、お子様が大きくなり、奥さんがフルタイムで働き始めてからでいいという話に落ち着きました。

 奥さんは県民共済に加入していました。安くて死亡保障もあり、割戻金もあるので満足している様子。デメリットの部分もお伝えしましたが続けるとの事。ただしがんの保障が足りないと感じたので、がん保険には加入しました。

ミズノさん(夫)が加入していた保険
大手生保アカウント型生命保険
終身保険:10万円 60歳定期保険:3000万円
その他医療保障等の特約あり
月額保険料:20,000円

ミズノさん(妻)が加入していた保険
県民共済
月額保険料:2,000円

トータル月額保険料:22,000円

ミズノさん(夫)が加入した保険
オリックス生命 ブリッジ 死亡保険金:1,000万円 60歳満期
月額保険料:2,697円

東京海上あんしん生命 長割終身
死亡保障:300万円 払込期間:60歳まで
月額保険料:7,308円

オリックス生命 CURE
入院日額:5,000円 がん診断給付金特約+がん入院特約
月額保険料:3,020円

ミズノさん(妻)が加入した保険
県民共済 月額2,000円(継続)

オリックス生命 がん保険ビリーブ
基本給付金:10000円 がん先進医療特約、がん通院給付金付き
3,017円

トータル月額保険料:18,042円



新入社員のキムラさん(22歳男性)
新社会人が人生で初めて生命保険に加入します。

27歳OLのヒライさん
友達が乳がんになり、保険の心配をするようになりました。

新婚のオオヤさん夫妻
結婚を機に、生命保険の見直しを決行。新婚さんのポイントは?

40代自営業カトウさんファミリー
独立を機に生命保険の見直しを。保障は会社員より厚めに設定。

50代会社員タカギさんファミリー
子供の教育費の心配もなくなり、自分達の老後資金確保へシフト。