http://sakurainfo.info

トップページ > 年齢・家族構成別、生命保険ケーススタディ > 新婚のオオヤさん夫妻
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

スポンサードリンク

新婚のオオヤさん夫妻

 新婚のオオヤさん。3年間の交際を実らせ、めでたく結婚しました。結婚を期に保険を考えるようになりました。オオヤさん(夫)は30歳の会社員、生命保険は新入社員の頃に貯金のつもりで加入した養老保険のみ。保険の内容については、正直わかっていません。オオヤさん(妻)は28歳の看護師。保険は無保険だそうです。

 まず、何に対して保険が必要なのかを聞いてみました。「将来、子供が欲しいので、その子達の為に保険に加入しておきたい」との事でした。ただどうでしょう?お子さんの保障は、お子さんが出来てからでも遅くないのでは?お子さんが出来る前に病気になってしまったら生命保険に加入できなくなるリスクはありますが、可能性としては低いですよね。まずはご自分たちの保障を考えてみてはいかがでしょうか?

 オオヤさん夫婦は共働きなので、片方に万が一の事があっても、生活が出来なくなるような事はありません。ポイントはいかに預貯金を減らさないかではないでしょうか。

 高額医療制度やがん治療の現状についてお話したところ、医療保険に加入するなら預貯金をしておきたいとの事。奥さんは看護師なので、がん治療にお金がかかる事を知っていて、がんには備えておきたいと考えているようです。がん保険をお勧めしました。

 清算資金として終身保険についても説明しました。終身保険は総支払額より保障の方が大きく、必ずもらえるために預貯金のようなもの。途中解約で元本割れのリスクがあるので、支払う覚悟があるなら加入をオススメしたい。旦那さんは養老保険に加入しているのでそのまま継続で、奥さんは300万円の低解約終身保険に加入することになりました。

 自分達が働けなくなった時の収入にも不安を感じているようでしたが、所得保障保険の商品内容、保険料等を説明した結果、加入するメリットをあまり感じなかった為、加入には至りませんでした。

 お子様の保障については、お子様が誕生してから収入保障保険か定期保険に加入するように勧めました。


オオヤさんが加入していた保険
養老保険 死亡保険金・満期金:200万円
月額保険料:17,120円

オオヤさん(夫)が加入した保険
養老保険(継続)
月額保険料:17,120

オリックス生命 がん保険ビリーブ 給付日額10000円、
先進医療特約、通院特約付き 終身払い
月額保険料:2,977円

オオヤさん(妻)が加入した保険
オリックス生命 がん保険ビリーブ 給付日額10000円、
先進医療特約、通院特約付き 終身払い
月額保険料:2,477円

東京海上日動あんしん生命 長割り終身 死亡保険金:300万円 保険料支払期間:60歳
月額保険料:5,112円

トータル月額保険料:27,686円 (養老保険はあと2年で終わるため、今は若干高め)



新入社員のキムラさん(22歳男性)
新社会人が人生で初めて生命保険に加入します。

27歳OLのヒライさん
友達が乳がんになり、保険の心配をするようになりました。

30代ミズノさんファミリー
ただなんとなく必要だと思って払っていた生命保険。実はムダもあった?

40代自営業カトウさんファミリー
独立を機に生命保険の見直しを。保障は会社員より厚めに設定。

50代会社員タカギさんファミリー
子供の教育費の心配もなくなり、自分達の老後資金確保へシフト。