http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険コラム > 大手生命保険会社の保険に加入→「どうして?」
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


大手生命保険会社の保険に加入→「どうして?」

金融自由化などの影響もあり、生命保険業界は顧客獲得競争が繰り広げられています。メディアではCMもよく見るし、ショッピングモールなどでは来店型保険ショップも定着しているように見えます。顧客からしたら、生命保険に加入したいと思ったとき、数年前と比べると選択肢が増えています。これは顧客にとって大きなメリットであると言えるでしょう。

漢字?ひらがな?カタカナ?生保業界の特徴でも述べていますが、業務携帯などによって特徴があります。日本の生命保険と言えば、住宅街や家庭を訪問して生命保険を販売する「生保レディ」を多く抱えている「漢字生保」が一般的によく知られています。ネット生保や来店型保険ショップの参入により漢字生保が苦戦していると思いきや、未だにシェアは50%程度もあるのです。今はインターネットの普及で誰でも簡単に情報を収集出来る世の中なのに、未だに「生保レディ」から生命保険に加入している人が大勢いるのです。

日本の生命保険の世帯加入率は90%を超えていて、世界的に見てもかなり高い数値と言われています。日本人は生命保険が好きな民族とも言われていますが、私が肌で感じるのは、生命保険を毛嫌いする人が多いということです。生命保険は内容がわかりにくいし、強引な勧誘を受けた経験があるなど、生命保険に対してネガティブなイメージを抱く人が多いにも係わらず、世帯加入率は90%を超えているという現象が起きてしまうのか、私なりに考えてみました。

先にも述べたように、生命保険は難しくてわかりにくい。そして強引な勧誘を受けた経験などからネガティブなイメージを持った人が多いです。しかし万が一の事を考えると生命保険は必要なものであるという認識はあるようです。社会人になったり、結婚や出産を迎えると「生命保険にでも加入しようかな」という気にもなるし、もしならなかったとしても周りから「生命保険には加入したの?」などという事も言われたりもするでしょう。生命保険の募集人からすると、ライフステージの変化は勧誘しやすい時期ですから、情報が入れば間違いなく勧誘するでしょう。

「必要なもの」ではあるけど「説明を受けるのは嫌」なものであるから、ライフステージの変化の時期に声を掛けられたら、内容をよく理解できなかったとしても「皆さんこちらの保険に加入していますよ」と言われると加入してしまうのではないかと思います。

理解できないものに大金を払い続ける人たち

「生命保険には加入しているから安心」という心理状態と「生命保険の説明は面倒だから聞きたくない」という心理状態が交わり、生命保険に一度加入してしまうと、それ以降、生命保険から感心が遠ざかってしまうのです。毎月の保険料の支払いが大変だと思いつつも、そのまま払い続けてしまうのです。

漢字生保の保険は、非常にわかり難かったり、保障内容に問題があったりするケースも多く見られます。保障内容を理解して、なおかつ納得して保険料を払っているのであれば問題はありませんが、なんとなく保険料を払い続けているとしたら、本当にそれでいいのでしょうか?

まずは保険証券を確認する事から始めませんか?大概の漢字生保の商品は有効期限があり、それ以降は保険料が1.5倍や2倍になったり、保障内容を削って保険料を抑えたりしなければなりません。そもそも、その保障は必要ですか?

少しでも疑問を持ったり、保険料を抑えたいと思ったら、重い腰を上げて生命保険の見直しをしてみてはいかがでしょうか。最近では多くのショッピングモールにも来店型保険ショップがありますから、近所にもあるはずです。きっと「重い腰を上げて良かった」と思うはずですよ。

>>保険相談するなら、気軽なお近くの店舗で




生命保険は知り合いから加入してはいけない4つの理由
多くの人は生命保険は知り合いから加入していると思いますが・・・

「若年世代は年金で損をする?」イヤイヤ、絶対払っておいたほうがいいですよ!
メディアでは若年層は年金を払った額よりもらえないから損をすると煽っていますが、絶対払っておいたほうがいいですよ。

生命保険販売員からは、生命保険に加入しないほうがいい
約70%の人が生命保険販売員からの加入な訳ですが・・・

収入保障保険は絶対に見直すべき!
今、主流となりつつある収入保障保険。でも、絶対に見直しは必要です。