http://sakurainfo.info

トップページ > 生命保険コラム > 収入保障保険は絶対に見直すべき!
おすすめコンテンツ
保険の基礎中の基礎
まずは保険の基礎を知りましょう。

漢字、ひらがな、カタカナ
生命保険会社を大きく分けて、漢字、ひらがな、カタカナ・・・

トレンドは四角から三角へ?
生命保険のトレンドが変わってきています。四角、三角ってどうゆう意味?

生命保険を選ぶポイント
これだけは抑えておきたい、生命保険を選ぶポイント

生命保険Q&A
生命保険の質問をまとめてみました。目からうろこの情報も?

スポンサードリンク

保険別商品評価


収入保障保険は絶対に見直すべき!

トレンドは四角から三角へ?でも説明していますが、死亡保障は定期死亡保険より収入保障保険がメインとなりつつあります。定期死亡保障は「契約から10年間、死亡したら1000万円を一括で」というような支払われ方をする一方、収入保障保険は「契約から10年間、死亡したら毎月15万円」というように、収入の不足分を補ってくれるような保険商品になっています。

年齢の経過とともに必要保障額は減っていきますから収入保障保険は効率的な保険ではありますが、「加入したら終わり」というものではなく、ある程度の時期が来たら見直しを行う必要がある保険なのです。わかりやすいようにケーススタディでやってみようと思います。

ケーススタディ

Aさんは30歳男性。お子様が生まれた事を機に生命保険に加入する事にしました。今回はネットでも比較しやすいようにアクサダイレクト生命の「カチッと定期2」と「カチッと収入保障2」で比較する事にしました。

30歳男性で2商品を比較すると、

・カチッと定期2 保障期間55歳まで 1,000万円保障 保険料月々2,100円
・カチッと収入保障2 保障期間55歳まで 毎月10万円保障 保険料月々2,180円

完全に保険料が一致する事は難しいので、保険料が近いこの2条件で比較してみたいと思います。

カチッと収入保障2は、30歳から55歳までなので、最高で

10万円×12ヶ月×25年=3,000万円です。

では、何歳で逆転するでしょうか?収入保障保険が毎月10万円で、定期保険が1,000万円なので100ヶ月、つまり満期まで8年4ヶ月を切れば、定期保険の方が得と言うことになりますね。

ただ、加齢とともに保険料も上がりますから、単純に見直しは出来ません。だからその都度、いろんな状況を比較して、適当な保険商品に変更したほうが良い例も多いでしょう。

例えば、今の保険商品であれば、メットライフ生命のスーパー割引定期保険。これは健康条件等でかなり割引になる保険ですが、51歳非喫煙健康体で保険金500万、保険期間10年で見積もりを算出すると、保険料月額2,220円です。こちらに見直したほうが確実にいいですよね。

ちょっと極端な例を出しましたが、収入保障保険は保障額が目減りしていく保険ですから、満期まで加入する必要はありません。途中で解約するか見直しをする保険だという事を覚えておきましょう。




生命保険は知り合いから加入してはいけない4つの理由
多くの人は生命保険は知り合いから加入していると思いますが・・・

「若年世代は年金で損をする?」イヤイヤ、絶対払っておいたほうがいいですよ!
メディアでは若年層は年金を払った額よりもらえないから損をすると煽っていますが、絶対払っておいたほうがいいですよ。

生命保険販売員からは、生命保険に加入しないほうがいい
約70%の人が生命保険販売員からの加入な訳ですが・・・

がん保険を疑え!がん保険は将来値上がりして払えなくなる?
保険は年齢とともに上がって行くのは仕方ないけど・・・